20代・30代でクッソ働いて40代でアーリーリタイアという人生も悪くないので必要な貯金額を計算してみた

若いうちに働いて貯蓄してアーリーリタイアする若者が増えているそうです。海外の例ですがこの手の話は日本でもちょいちょい聞きますね。

Video: PBS NewsHour/YouTube ストレスいっぱいな社会と別れを告げる若者たち。AIが広まって、「働かなくていい未来」が見え隠れしている今、20代、30代でリタイアするムーブ

広告

若いうちに貯蓄してアーリーリタイアするというのは個人的にはアリだと思っています。

記事の例は夫婦でそれを実現しているみたいですが、少なくとも日本では既婚者は難しいと思います。男が働いて女が家庭を守るという風潮がまだ根強いからです。(個人的にはこの風潮はクソだと思っている。)

日本では独身者に限ると思いますが、本気でアーリーリタイアするなら独身っていう人生も悪くないかなって思います。

結婚しないと不幸だっていう風潮も日本にはまだ根強いですが、そこは改めてほしいですね。結婚も独身も幸せな人生が送れるって話はブログで時々書いています。

なぜ結婚できないと不幸だと思うのかという問題
はてなダイヤリーにこんな投稿がありました。 この人は47歳で未婚、女性経験もなし。結婚できずに終わるなって実感があるとのこと。...

で、アーリーリタイアに必要な貯金額を計算してみた

さすがに30代でリタイアするのは相当な高収入じゃないと少々厳しいなとは思うので40歳でリタイアするという目標を立てたとします。

大卒で22歳で入社したとして初任給がだいたい20万円なので手取りで15万円くらいかと思います。その中から毎月5万円を貯蓄に回して更に毎年5千円ずつ貯金額を増やすとしたら以下のグラフのように貯金額が増えていきます。(ボーナスは毎回20万円で毎年2万円ずつ増やす)

40歳になった時点で3300万円くらい貯まることになります。

更に言うと貯金ではなく確定拠出年金や投資信託などに回すと、利回りを堅めに3%とした場合、4000万円を超えますね。

4000万円貯めれば、それをソーシャルレンディングやロボアドバイザーなどに(確定拠出年金でも良いですが)投資していけば平均利回り3〜4%くらいになり、毎年150万円くらいの不労所得が入ってきます。

また、最初に紹介した記事ではアーリーリタイアについてブログで紹介していて広告収入を得ているようです。確かに人がうらやむ生活をブログで書けばそこそこのPVは行きそうですね。サラリーマンブロガーの僕ですら月3万円くらいなので、うまくやれば月10万円の広告収入が見込めます。

投資で年150万円、ブログで年120万円であれば独身なら十分生活できますね。

20代そこそこで絶望している人多いけどこういう人生もあるんだよ

Twitter見ていると20代くらいの若者が将来を絶望している投稿を目にします。

正社員になれなかったとかブラック企業に入ってしまったとか、将来に悲観してしまっている若者をよく目にしますが、若いうちにクッソ働いてお金貯めて早くリタイアするって人生だってあるんです。

もし僕が20代で学歴もなく就職先もなく将来に絶望しそうになったら、まずは何でも良いので仕事して貯金しまくるなって思いました。結婚は早々に諦めて、とにかくひたすら貯蓄(&投資)しまくって40歳でリタイアすることを目標にします。

そういう人生も悪くないと思います。(今の生活に不満があるというわけではないよ。どんな境遇でも幸せになれるってこと)

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする