漫画を描くのがうまかった10代の頃のワイ、いま思えばもっと腕を磨いておけばよかった

このブログのキャラクターをクリエイターさんにお願いして描いてもらっています。(もちろん報酬をお支払して)

このブログのキャラクターを作ったよ!(ランサーズで発注)
このブログのデザインがパッとしないので、専用のキャラクターを作りたいなとは以前から思っていました。ただ僕には絵心がなくとてもキャラクターを作...
ブログキャラクターの表情パターンを追加した!
先だって、このブログのキャラクターを作ったことは記事に書きました。 当初思っていたより表情のバリエーションが足りないこ...

広告

実はデザインをお願いする前に自分でキャラクター描けないかなと思って実際に紙に描いてみたのですが、もう酷いのなんのって。LINEスタンプにもならないほどド下手な絵でした。

なんで自分で描こうと無謀なことを思ったのかと言うと、僕は10代の頃はそこそこ絵を書くのがうまかったんです。漫画のキャラクターの模写がほとんどでしたが、それでもうまい方でした。

今思えば、その能力を磨いておけばよかったなとちょっと後悔しましたね。

当時は紙に描くしか方法はありませんでしたが、続けていればデジタル絵の方にいっただろうし、今ごろPixivにアップするレベルまで上達していたんじゃないかなって思いました。

当時は漫画絵を描くなんてオタクの代表みたいなもので、で、オタクの市民権もまったくなかった頃です。

宅八郎みたいな芸能人が出てきてオタクの象徴的な存在だったし、ちょうど宮崎○事件があったりして、描いているこっちも嫌気が差して描くのやめてしまいました。

北斗の拳のキャラ描くの得意だったんですけどね。

以降、漫画やアニメからも遠ざかり今に至っていますが、ブレずに描き続けていれば良かったのになと今になって思います。

しかし、何のカルチャーが花開くかわかったもんじゃないですね。

昔はオタクなんて下級市民扱いでしたが、今はポップカルチャーなんて言われて海外からも評判高いし、Pixivのようなプラットホームもあるし昔と全然違います。

うちの子どもたちも何かに興味を得て、仮にそれが世に認知されないようなものでも、とりあえず腕は磨いておけ!ってアドバイスできます。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする