結局自分だけが貧困から抜け出さないと生活良くならないんだよね。最低賃金上げても貧困のままなんだよ

相変わらず他国の例を上げて最低賃金を上げるべきだって意見多いんだけど、貧困層が一斉に給料上がってもその分インフレになるだけで貧困のままなんです。

他国の年収が高いって言ってるけど、同様に物価が高いという点がまったく考慮されていないんですよね。

例えば、アメリカのエンジニアの年収が1000万円は軽く超えているって言うけど、同時に家賃や物価が高いのでけっして裕福とは感じられないのです。(加えてアメリカは医療費がアホみたいに高いしね)

飲食店や小売店でバイトして生活しているような低所得者だったとして、時給2000円になったら額面は給料が上がります。それだけ見れば生活が楽になるんじゃないかって錯覚します。

でも、その上昇分は物価に添加されるので相対的に裕福になれるとは思えないのです。

で、「給料は上がったけど生活は苦しいまま」なんてインタビューがテレビに流れるんですね。

広告

結局自分だけが貧困から抜け出さないと裕福になれないんだよ

どんなに給料が上がっても貧困層の中に入る限り生活は苦しいままなんです。その「層」からいち早く抜け出すことが生活を楽にする唯一の道じゃないですかね。

それを単純にベースアップしろでは全然改善しません。

仮に自分が働いている会社の商品が競合に比べ高額でも売れるようになったりすれば、そこの従業員の給料だけが上がって裕福になるということもあります。

でも、日本全体の最低賃金を上げたって裕福にはなりません。貧困のままです。

会社の商品がヒットするかどうかは個人の努力だけではどうにもならない運ゲーなので、(会社での努力はするにしても)そんなものだけに期待してもダメで、結局個人がどうやって自分だけ給料を上げるかってことを考え出すしかないのです。

会社の中でがんばって出世するとか、高収入へと転職するとか、副業するとか、そういう努力をしないと貧困から抜け出せません。

ネット見てると、自分は貧困だ→最低賃金上げろ、って意見があまりにも多く、その先に何も変わらない未来だけなのになって思いました。

僕は会社でそこそこの年収をもらっているけど、それでもブログ収入を得ているし、投資で資産を増やそうとしているし、十分給料をもらっている僕ですら試行錯誤していますからね。

お上の施策を待ってちゃダメで、自分で何かしらの行動を起こさないと貧困層からは抜け出せないのです。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする