今どき飲み会に強制参加の会社があるんだね(うちは欠席自由で良かった)

忘年会シーズンになると、ネットで必ずと言っていいほど現れるのが、「飲み会行きたくない」っていうツイートやネット記事。

じゃあ、いかなきゃ良いじゃんって単純に思うのですが、どうやらいまだ飲み会に強制参加させている会社があるみたいですね。

この記事なんか典型的です。

田辺三菱製薬が20〜40代の男女500人に忘年会に関する意識調査を実施した。勤務先の忘年会について、44.2%が参加したくないと回答。酒宴での失敗談では「トイレで泣いて動けなくなった」などが挙げられた

広告

勤務先の忘年会への参加について44・2%が「参加したくない」「どちらかというと参加したくない」って悩んでいるのも強制参加が前提なんだとうなと。

いったいどういう職種なんだろう。営業系なんですかね。偏見だけど。

ちなみに僕は理系職で部署のほとんどが僕と同じエンジニアという職場なのですが、飲み会は完全に自由参加です。

もちろん出欠は全員に実施しているのですが、都合が悪かったり行きたくないと思ったら若手でも「欠席」と書きます。とくにそれを咎めるような文化はないですね。

なかには飲み会が苦手な人はやはりいて、そういう人たちは毎回欠席します。もちろんそれを問題視することないし、次回から誘わないとかそういうのも皆無です。

僕は基本出席なのですが家庭の事情で欠席することも多々あります。僕的には家庭の事情の方を優先しているので、欠席の時はだいたいそういう理由ですね。

そういう職場環境で育ったので、いまだ飲み会強要とか聞くと驚きます。

同じ日本人なのになぜこんなに違うんですかね。

エンジニアって良くも悪くも人にあまり興味ないのでそういう文化になりやすいのかもしれません。

なので、どういう職種で飲み会強制の文化が多いのかちょっと興味ありますね。完全に偏見だけど飲み会強要するのって営業職じゃないかと思ったりします。結構体育会系多いですからね。営業マンって。

まあ、ただ、そんなに行きたくないのなら勇気を出して行かないって言えば良いのになって思います。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする