Chromebookを買うならタブレットPCだ! おすすめ3機種

以前より来年頭にChromebookを購入しようと考えていていて、ここ最近はChromebookのウォッチをしてきました。海外に比べ日本で販売されている種類が少ないのが残念なのですが。

Chromebookの私用状況を考えると、まずブログの執筆に関しては全く問題なく、プログラミングに関しても来年のモデルからAndroid Studioが使えるようになったり、今年からLinux環境が構築できるようになり、それなりに整ってきました。

あとはグラフィカル系に関してはAndroidアプリが使えるようになったのは大きいと思います。

で、Androidアプリが使えるということは、画面がタッチパネルになっていた方がいいなと思い、スタイラス対応のタブレット型のChromebookがほしいなと思った次第です。

いろいろ探してみて良さそうな3機種をピックアップしたので備忘録がてら書き留めておきます。

広告

Acer R751TN-N14N

まずはAcerのR751TN-N14Nです。Amazonで購入できます。写真にもあるようにスタイラス入力が可能です。

5万円前後で購入できる点で今回紹介するモデルの中では一番安価です。

以下が簡単な仕様です。

  • CPU: Celeron N3350 1.10GHz
  • メモリ: 4GB
  • ストレージ: eMMC 32GB
  • ディスプレイ: 11.6インチ 10点マルチタッチ
  • 無線LAN: IEEE802.11 a/b/g/n/ac 有線LAN: なし
  • Bluetooth: Bluetooth 4.0 USB: USB 3.1 ×2

Lenovo 500e

次にLenovo 500e。こちらはAmazonでは販売されておらず、Lenovoのオンラインストアで購入できます。

Lenovo 500e Chromebookは4つのモードで使用でき、収納可能なLenovo 電子ペンを添付、教室での使用に必要な耐久性を備えた回転型マルチモード2 in 1です。

6.2万円とChromebookの中では若干高めですが、防滴対応で耐久性の高い筐体になっていて75cm落下テストをクリアしているようです。

  • プロセッサー: インテル Celeron プロセッサー N3450 (1.10GH 1600MHz 2MB)
  • ディスプレイ: 11.6″ HD IPS LEDバックライト マルチタッチ対応 1366×768 ゴリラガラス
  • メモリー: 4GB LPDDR4(オンボード)
  • ストレージ: 32GB
  • バッテリー: 3セル リチウムイオンポリマーバッテリー

ASUS C302CA-F6Y30/A

最後にASUSです。12.5型と若干画面が大きめとなっています。

6万円を超える高めのモデルですが、ChromebookにはめずらしいCoreプロセッサとなっています。(ただし、Core i5よりは遅いらしい)

  • CPU:インテル Core m3-6Y30 プロセッサー ( 900MHz / 最大2.2GHz)
  • メモリ:標準 4GB (LPDDR3-1866) / ストレージ:eMMC 64GB
  • 画面サイズ:12.5型ワイドTFTカラー液晶 / グレア / 1,920×1,080ドット (フルHD)
  • バッテリー駆動時間:約10.2時間 / 充電時間:約2.6時間
  • サイズ:幅304.4mm×奥行き210.2mm×高さ13.7mm / 重量: 約1.2Kg

来年になればまた新しいモデルが発売されるとは思いますが、現時点でのタッチパネル対応のChromebookをピックアップしてみました。

Androidアプリが使えるようになったので、タッチパネルでないと効果が発揮できないと思います。おそらく今後のChromebookはタブレット型が標準になるのではないかと。

また良さそうなモデルが現れたら紹介したいと思います。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする