ついにHuawei反撃!! 個人的にはHuaweiに勝って欲しいな。

米国中心にHuaweiを排除しようとしている件、ついにHuaweiの日本法人が新聞広告を使って反撃をはじめました。

ファーウェイ・ジャパンが27日朝、日経新聞の一面を使って広告を掲載した。一部で囁かれている同社製品による情報漏えいなどの噂にはっきりと反論。ネットでは「堂々と反論するなら、そうなのかな」といったような声も

広告

だいたい、製品を分解したらハードウェアに余計なものが見つかったって、仮に情報を流出させていたとしても、ハードウェアを追加するまでもないでしょう。

情報端末には情報を抜くハードウェアがもともと揃っているだけで、あとはソフトウェアだけで実現できるはずです。アナログ機器じゃあるまいし。

米国の言及だけで物的証拠を一切出してこない点も不可解です。今は米国側の証言だけですからね。それだけで日本が追従してHuawei製品を排除するというのはやりすぎだと思います。

個人的には5G覇権争いに負けそうな米国の最後のあがきに見えるんですよね。

日本も米国にはさんざん貿易摩擦とか言われて一方的な規制を受け入れてきた歴史があるし、貿易に関してそういう汚い手を使うイメージしかないんです。

日本人は一方的に中国を怖がっていますが、米国も似たようなもんです。政府同士でケンカする分には良いけど民間企業を巻き込むのはちょっとやりすぎだと思いますね。今回のは特に。

日本の3大携帯キャリアがHuaweiの排除をする動きがあるのも残念です。

この騒動に乗じてHuaweiに日本が手を差し伸べるくらいの強かさがあれば良いのですが、そこは安定の米国追従ですからね…。

いや、ホント、今までHuaweiが米国から買っていた半導体部品を日本の会社がシェアを取っていくような強欲さがあっても良かったと思います。

Huawei側の今回の広告を皮切りに反撃できれば良いですね。個人的には応援しています。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする