家事育児を仕事と見立てて給料換算する気持ちはわかるけど、同時に仕事同様に「できるヤツ」と「できないヤツ」にわかれるのも事実だね。

夫婦どちらかが(ほとんどが妻の方)仕事をやめて専業主婦になって家事育児を担うという問題で、よく話に挙がるのが、仕事と見立てて月〇〇万円の給料と同レベルという話。

まあ、気持ちはわかります。

家事育児という仕事の重要性や過酷さを測る上で金額換算するというのは。

ただ、同時にこの手の話を聞いてモヤっとするのが、(会社での仕事もそうであるように)家事育児の「できるヤツ」と「できないヤツ」が存在するはずで、みんな等しい額の給料になるわけないよね、ってことです。給料換算できて重要な仕事だからこそです。

会社で仕事のできない人間は出世できないし給料も上がりません。不況時にリストラにあう可能性も高いです。「お荷物」とか「不良資産」とか影口をたたかれます。そういう人間が残念ながら会社には一定数います。

もちろんスキルにマッチしないために能力が十分に発揮できないというケースもありますが。

で、それと同じく、家事育児の方でも仕事のできない主婦(夫)の存在を認めないと、例えとしてバランスを欠いています。事実、「できない主婦(夫)」はいると思います。

広告

極端な例ですが、育児放棄している親もいれば虐待している親もいます。これはもちろん極端な例だけど、ちゃんとした親と毒親とに2極化しているのではかく、その間もグラデーションのように一定数存在すると考えたほうが妥当ですね。

その真逆に超優秀な親もいるわけで、同じく平均値と超優秀との間にも存在していて、横軸に優秀さ、縦軸に人数でグラフを描くと正規分布になっていると思います。

毒親は論外だし、超優秀を持ち出しても仕方ないけど、例えば平均値に近いけど能力の残念なAさんと、そこそこ優秀なBさんとで、同じ給料なのか?ってこと。会社だったらこの2人には大きな差が出ます。

これがいつもモヤモヤしいる点です。

まあ、仕事と違ってリストラされないし配置転換もできない(=逃げられない)点は考慮しなきゃいけないけど。

で、なんでこんな屁理屈を言い出したかっていうと、ちょっと前にこんなニュースがあったからです。

2才児がおもちゃを片付けなかったためにしつけ理由でベランダに出していたところ、手すりから転落してしまい死亡したという事故です。

このニュースに賛否両論あります。育児に疲れてしまったのだろうという同情の声もあるし、その一方で、2才児が自分でおもちゃを片付けるなんて無理、なぜそんな躾をしたんだって声もあります。

僕も子育て経験ある(というか子育て中)のでよくわかりますが、2才児が自分で散らかしたおもちゃを自分で片付けないことはまず不可能です。

おそらく、それくらいのことはこの母親だってわかっていたと思います。でも、子供というのは親がせっかく掃除したのにすぐに散らかし、で、また掃除したらまた散らかす、という無限ループに陥るものです。

そんな中で精神的に参った挙句の「躾(と称したあてつけ)」だった可能性があります。

子育てしたことない人はわからないと思いますが、子供は叱ったことをすぐに忘れます。小学生くらいから徐々に記憶してくれるようになりますが、未就学児なんかは親の言ったことなんてすぐに忘れます。だから叱っても叱っても治らないんですね。

人間って負の無限ループにとてもストレスを感じます。仕事でも同じです。でも、それをうまくハンドリングしていくのが腕の見せ所であり、その人の能力になります。負の無限ループにどれだけ耐え解決していくのかがポイントなのです。それは仕事でも子育てでも同じです。それが能力というものです。

残念ながら、この母親は負の無限ループの最中に事切れてしまった、で、無意味にも片付けろと迫り、できなかったことで危険なベランダに出してしまったのでしょう。

男のお前が知ったようなこと言うなって言われそうですが、うちは完全家事育児分担なので。

奥さんは下の子が2歳の時から働き始め現在も継続中で、土日は僕が休みで奥さんが仕事、なのでワンオペ育児は以前から普通にやってきています。

現に今日も(もう小学生だけど)2人の子供の勉強を見ていて一段落していたところです。僕は休日の午前中は家庭教師と化しています。 まもなくお昼なので昼食の準備します。今日はオールで家事育児担当です。

そんな環境でずっとやってきた僕からすると、この母親の心境はわからなくもないけど、僕だったら2歳の子供に片付けろなんて言わず、黙々と自分で掃除します。散らかす→掃除のループになっても心折れずに黙々とやり続けます。現に今までそうやってきました。2歳児に片付けろなんて躾は無駄だからです。

別に自分を優秀と自慢するつもりないです。たぶん平均的だと思います。ひど言い方かもしれませんが、この母親は「仕事が出来なかった」と思います。ネットで批判されているようなモラルがないとか母親としての覚悟がなかったとか、そんなことじゃなく、単純に仕事が出来なかっただけです。

会社でも難しい案件を担当するといっぱいいっぱいになって投げ出してしまう人がいます。与えられた案件に対し能力が追いついていなかったためです。残念ながらどの世界でもいます。

じゃあ、どうすれば良いのか?っていうと、これがなかなかないのですが…。

あえて言えば、僕達のように家事育児を夫婦分担するくらいしか解決策は思いつきません。相手にその能力が備わっているかはわかりませんが…。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする