SNSバイトテロ問題はやらかした若者の責任だけで良いのか?という個人的な意見

一時期日本を一世風靡したバカッター事件も2103年のことで、あれから5年も経っていたんですね。

ここ最近、インスタやTikTokで似たような事件を起しているみたいで、かつてのバカッター事件が教訓になっていないと思いきや、あれからもう5年も経っていて今回の事件を起した若者は知らないんだろうなと。

大人たちは色濃く記憶に残っていても、今の若者はあの頃小中学生だったわけで、そりゃ記憶に残っていないんだろうなと思い直しました。

大人が教訓として彼らにあらかじめ教えておかないと、こういった事件は繰り返されるのでしょう。その意味では大人側にもある程度責任はあると思います。

広告

ここに面白い考察があります。

こんにちは、「勝手に経営者ヅラ労働者」清原です。 最近立て続けに、飲食店バイトの人がインターネット上に、職場での悪ふざけの動画をあげて炎上するというニュースを見ました。 ちなみに2013年ごろにも同じ現象があり、今回が初めてではありません。 くら寿司や、セブンイレブン、ファミリーマートでも炎上騒ぎがありましたが...

マクドナルドではバカッターが現れていないそうです。(但し真偽は不明。ブコメでは否定されていた)

その理由に「制服にポケットがない」という点を上げています。よって「物理的にスマホを持ち込むことができない」そうで、そういったバカな撮影ができないと。

これについては賛否両論あって、あくまで一考察として見た方が良いでしょう。ただ、ポケットごときでと思う人もいるかもしれませんが、人間って案外そんなもので防止できることもあります。

ただ、個人的には、この記事のはてなブックマークでのコメントにあったのですが、「マクドナルドは厨房が丸見えだからバカなことができない」という点がしっくりくるかなとは思っています。

とは言っても、今回事件の起きたコンビニの売り場も丸見えだけど、プラスアルファとして「客がいなくて暇なときにこのようなバカッター撮影しやすい」という点も相まったのでしょう。コンビニは深夜なんかは客が全然いない時間帯が多いですからね。

いろいろ意見があるものの、前出の記事のこの一言に集約されるんじゃいかと思いました。

モラルではなく仕組みで解決できるものは、まず仕組みで解決すべきです。

僕はこの意見に激しく同意します。

僕は今回のような不適切な動画を上げた背景には、そのような状況に簡単に踏み出す環境があったわけで、そのような環境を作り出していた会社にも一定の責任はあるんじゃないかと思いました。

僕は製造エンジニアですが、作業でズルをしやすい環境を潰していくということも仕事の1つです。

人間は「近道心理」がどうしても働いてしまうので、そのような環境を作らないということも重要なんです。

ズルをしてしまった人も責任は問われますが、そんな環境を放置していた僕らエンジニア側にも責任は問われます。後者の方が重く受け止められると思います。

その意味では、そんなバカッター事件を起こしやすい環境を放置していた会社側にもやはり責任はあるんじゃいかと思っていて、ネットで晒したりお祭り騒ぎするのはちょっと違和感ありました。

少なくとも、若者の人生を終了させてしまうほど吊るし上げるべきじゃないですね。

基本的に罪の大きさと罰の大きさは比例しなければなりませんが、そこまで大きな罪を犯したとは僕は思っていないです。(会社にも一定の責任があるという意味でも)

最後に直近で一番心に響いたツイートを紹介します。ネット民はこれをよく考えるべき。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする