大学や会社を辞めてフリーランスに転向することはお勧めできないけど、フリーランスとして食えるスキルは持っておいた方が良いぞ

ネットでいわゆるブロガー界隈と称されるちょっとしたグループみたいなものがあって、更にそれを真っ向から否定するアンチ勢も少なからずいます。

Twitter上でお互い罵り合っているのを見て面白いですね。

で、僕はどちらかというと、考え方としてだいたいその中間にいて、結構冷静な目で眺めてはいます。そういう人が大半なんじゃないかな。

正直、夢みたいなこと語って何も知らない若者に夢見させて大学や会社をやめさせてしまうブロガー勢もちょっとどうかと思う一方で、アンチ勢もその執拗さに呆れるばかりです。

もうちょっと中間的な意見がないのかなっていつも見てますね。

広告

僕はブロガーの1人ではあるけれど、あくまでメインはサラリーマンでブログは片手間でやっています。そんな僕をブロガーと呼んで良いのかわかりませんが、ブログは2つ運営しています。もちろん会社を辞めてまで専業化するつもりありません。

もし仮に息子が将来大学生になって辞めてブロガーになりたいって言い出したらどうするのかって考えてみると、高偏差値大学なら全力で止めるけど、Fランだったら賛成しちゃうかも、ってところでしょうか。(それでも卒業はしろとは言うかな)

ブロガー勢のように安易に大学をやめることを煽るのもどうかと思いますが、かと言って大学で勉強1本、会社で仕事一筋という人生もあまりおすすめできません。

そんな人は会社を追われたら食っていけないですからね。副業で月10万円でも稼げていたらかなり有利じゃないかと思います。

大学生だって自分が卒業した年に不況になっていたら相当な就職難になってしまい、就職できないリスクを持っています。

その意味でも、息子たちが大学生になったら自分で稼げる力を付けてほしいなと思っています。ブログの広告収入でも良いしYoutuberとして稼いでくれても良いし(但し、顔出しはやめておけとアドバイスするけど)、それ以外のビジネスを始めても良いし、比較的時間のある大学時代に何かしらやっておいた方が良いと思っています。

特に今の大学1,2年生くらいの人たちが自分が卒業したときには不況になっていると思ったほうが良いです。

ブログとかYoutubeとかじゃなくても今のうちに自分でフリーランスとして稼げる力を今のうちに付けておいた方が良いでしょう。

ホントは高校生から動いた方が良いのですが18歳未満だといろいろ制約がありますからね。例えばAdSenseは18歳未満はダメです。投資は親の同意書があれば初められますが。

そんな見据えながら子どもたちにアドバイスしていきたいですね。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする