就活コンサルが就活生に教えるのはビジネスマナーじゃなくて就活先会社関係の情報だと思うよ

僕は今まで知らなかったのですが、最近は就活コンサルタントって人たちがいるみたいです。なんだか怪しい職業名ですが、その怪しさ通り悪質な人たちもいるみたいで注意が必要ですが。

「就活塾」という名前もあるらしいみたいですが、学習塾以外で「塾」って冠しているところでロクなところじゃあないですよね。

面接の作法なんて最低限でいいよね

怪しいところじゃなく、ちゃんとしたところでも、やることって言ったらビジネスマナーとかアピールポイントをどう表現するとか、そういった「面接の作法」ばっかりみたいです。

ノックの回数とか椅子に座るタイミングとかサークルでどれだけリーダーシップを取ってきたのかとか、正直どうでも良いものばかりです。

僕ら社会人がノックの回数なんて気にするわけもなく、そもそも今の社会人だってノックの回数は適当だし、そんなものに面接官が価値を見出すはずもないですね。ノックすらしない社会人多いですよ。

こういうのって企業の求める人材をリサーチした結果のコンサルじゃなく、競合コンサルとどれだけ差別化しようと競い争って尖っちゃったってパターンだと思います。ノックの回数なんて企業の誰も求めていません。

あと、びっくりしたのが女子のスーツがタイトスカートじゃなくパンツスーツだと生意気だと思われて印象良くないとか聞いたことあるけど、これも企業から発したことじゃなく、おそらく就活コンサルの妄想から広がったものだと思います。

面接の作法なんて実際の就活の面接ではよほどのことがない限り減点にはならないと思いますよ。ノックの回数なんて気にする面接官いるとは思えないです。(業界によってはあるのかな…?)

広告

もし僕が就活コンサルなら企業情報を与える

もし、僕がそういった就活に関するコンサルタントをするとしたら、相手先企業やその業界の情報をいっぱい取ってきます。相手の企業の業界内の強み弱みを引っ張ってきて、その情報からどのような能力を求めているか(マナー的なものじゃなくスキルという意味で)を分析して学生に教えますね。僕ならそうします。

今どきそんなのインターネットで調べられるって言われそうですが、実はそうでもありません。業界内にいないとわからないことは多く、転職組ならともかく学生の情報力では到達できない情報はごまんとあります。

よく、企業が調査会社に依頼するような自社のポジションや競合他社についての情報力は就活コンサルにもほしいところですね。(まあ、調査会社の調査結果も微妙なところはあるけど、外の人の調査はあの辺りが限界でしょう)

相手先企業の情報だけじゃなく競合他社の情報をよく知っていると目立つと思いますよ。企業内の人って競合のちょっとしたことでも知りたいと思っていて、それに少しでも触れられればかなり印象付けられます。

就活面接ってつまるところ企業にとって必要な人材かどうかを測るための場なので。

理系の場合は研究内容をメインに見られるとは思いますが、それは他の就活生も同じなので、そこにプラスアルファを相手に印象づけられることがポイントです。業界内のことについて話が出来たらかなりポイント高いと思いますね。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする