エレベータに乗ったら降りたガキが全階点灯していやがったのだが、ここで#拡散希望マンなるヤツはやっぱ闇抱えているな

つい先日、デパートのエレベーターに乗って目的の階のボタンを押そうと思ったら全フロアのボタンが全部点灯されていて、あわてて降りたことがありました。

乗るときに小学生くらいの子供が入れ替わりで降りたのですが、たぶんそのガキがやってのでしょう。母親と一緒だったのですが、まあ小学生くらいならやりかねないですね。

全フロア点灯にビックリしてあわてて降りたものの、そのまま乗っていたら全フロアで止まりますからね。後から誰か乗ってきたら僕がやったと思われるわけで、あそこですぐに降りてよかったわけです。

広告

怒りはなくつい笑ってしまったのですが、ネット民でこういう場面に出くわすとSNSで拡散しますよね。

○○市の○○デパートのエレベータで小学生がいたずらされた。

#拡散希望!  #拡散希望!  #拡散希望!

ってな感じで。

まあ、エレベータのいたずらくらいではやらないか。

ただ、小学生のいたずらに苦笑しつつも、拡散希望ツイートも頭を過ぎってしばらく笑みが止まらなかったですね。

拡散希望マンって性格的に怒りを溜めやすいのかななんて考えていたのですが、すぐにSNSに書いて拡散希望を訴えるのって心に闇を抱えているんだろうなって思いました。

そういや、以前コンビニの募金箱の中のお金をレジに入れていたところを隠し撮りして拡散希望ってツイートした人いたけど、本音は正義じゃないよね。普通隠し撮りしないよね。

結局その件は、実は店員が正しくて、募金で集めたお金をレジ上で集計して中に入れて本部に送ることになっているらしく、別に盗んだわけじゃなかったみたいです。

すぐに指摘されて今度はそのツイ主をみんなで一斉に攻撃していたのを見て、人はどこまで残酷になれるんだろうと何とも言えない気持ちになりました。(すぐにツイ主はアカウント消して逃げたけど個人特定されていないと願いたい)

まあ、とにかく、義憤に駆られる瞬間が合っても一旦落ち着いてほしいものです。

もちろん、必要なときもあるのはわかります。街に逃亡中の犯人を発見したとか川が反乱したとか、そういった緊急の注意喚起はTwitterでの拡散は有効に働くのですが、そうでないものはあまり拡散しないほうが良いですね。

いつか自分に跳ね返ってくると思いますよ。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする