愛知トリエンナーレ問題を見て表現の自由とヘイトとの境目がよくわからない

愛知トリエンナーレ問題でいまだネットで取り上げられているけど、詰まるところ、これが「表現の自由」への問題なのか、「ヘイト」なのかがよくわからないまま議論しているなって思いました。

広告

右派、左派ともにそれを十分議論せずに自分の主張を「表現の自由」と呼び、相手の主張を「ヘイト」と呼んでいるだけというのは端から見て一目瞭然。

公人で故人とはいえ、一個人である昭和天皇の写真を燃やすのは僕の感覚からすれば表現の自由の範疇を超えてしまっているとは思います。

かと言って、じゃあ、写真の相手が 承久の乱を引き起こした後鳥羽上皇だったらどうだったんだろうと思うとここまで大騒ぎにはなっていなかったんじゃないかなと。そのあたりは線引きが難しいのだけど、少なくとも昭和生まれがまだ多く生きている今は昭和天皇の肖像画を焼いてしまうのは生きていた時を容易に想起してしまうので、ちょっとやりすぎじゃないかなって思いますね。僕もその展示の話を聞いて「うへぇーー」ってなりましたもん。

特攻隊の旗をドーム型にして「馬鹿な日本人の墓」ってやるのもやりすぎじゃないかなって思います。僕は以前から「特攻隊とイスラム過激派の自爆テロとは本質的に同じ」と言い続けてきましたが、「国の被害者」という点も同じだと思っていて、被害者側をここまでこき下ろすのも作者の人間性を疑うなと。もしイスラムの自爆テロやナチスの兵士を侮辱するような展示物でも同じく嫌な気持ちになります。

…という理由で、愛知トリエンナーレはやっぱりやりすぎたんだといますね。

僕は以前からリベラルを標榜していて天皇制や安倍さんに特段思い入れはないけど、今回はさすがにリベラル派である主催者の人間性を疑いました。

ただ、一方で慰安婦像を設置することはどうなんだろう…僕個人は「表現の自由」の範疇じゃないかなって思っています。

もちろん日本国内の街中に設置して見たくもない人に半強制的に目の付く状態であればそれはちょっと問題だけど、展示会というクローズドな空間に設置するのは特に問題ないんじゃないかなって思っています。

一連の慰安婦問題の正否はともかく、主張する権利は誰だってあるんだし展示室内であれば僕は問題ないなって思いますね。

天皇肖像画を焼いたやつや特攻隊の旗の展示物のような人を侮辱するようなものがない中で、慰安婦像が設置されていたとしたら、僕は愛知トリエンナーレを支持していたと思います。

税金を使うような展示会で国の意思と反する展示は問題って多くの人が言っていたけど、それは僕は全く間違っていると思っていて、そもそも芸術って国か企業の支援が必要なものだし、国の意思と反するのはNGってとても民主主義国家とは思えませんね。

右派は中国のような言論統制を批判しながら、一方で日本国内で税金を使う展示会での国の意思を反している点を批判しているんだから全く矛盾しています。

…というわけで、今回の愛知トリエンナーレは、「表現の自由」と「ヘイト」とを履き違えた点、左派の下品さと右派の矛盾があいまった結果だと思います。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする