今日ヤマト運輸の荷物を店頭受け取りにしてもらおうと思ったら超大変だった件

僕はAmazonで注文するときに必ず営業所受け取りにしています。共働きなので不在が多いので会社帰りに営業所に立ち寄ってサクッと受け取った方が楽だからです。

でも、Amazonでも営業所受け取り対象外の品があります。Amazon倉庫からではなく販売業者の直接発送の場合がそうです。

営業所止めが選べないので、荷物が発送されてトラックコードが確認できるようになったらヤマト運輸に営業所止めを依頼したいのですが、これが容易ではないんですよね。

広告

今日もAmazonからの荷物を受け取る際に営業所止めをお願いしようと思っていましたが(Amazon発注時には選べず)Webサイト上では依頼できず…。ホントここを改善すべきだと思います。

僕はクロネコメンバーズなのですが、Webサイト上は一見営業所止めが選択できると思いきや…左の図のように「ご利用できません」と出てしまいます。(普通の宅急便です)

で、営業所に電話してお願いしようと思っても、ヤマト運輸はサービスセンターにつながってしまい直接営業所に電話できないんですね。サービスセンターなので「只今混み合っております…」というメッセージしか聞いたことないです。

最終手段としてどうするかと言うと、営業所に直接出向いて依頼する必要があります。

今日もどうしたかって言うと、昼休みに会社を抜けて営業所に出向いて手続きした次第です。

大きな紙に名前と住所とトラックコードを書いたのですが、それをオンラインでできるようにしてほしいなと。

せっかく子会社にシステム開発会社を持っているのになぁ。

ちなみに、これが佐川急便だと営業所に直接電話ができて、なおかつ電話一本で営業所止めが可能です。アナログだけどわざわざ店頭に出向く必要ないです。会員になる必要もないです。

ヤマト運輸はクロネコメンバーズのようなITが進んでいるかのように見えて、その実、営業所受け取りすらままならないんですね。

不在通知が問題になっていて現場のドライバーに負担がかかってしまっているのだから、店頭受け取りまでのプロセスをもっとスムーズにしてほしいですねぇ…。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする