街や駅の案内表示でハングル表記を撤廃しろって言ってるヤツってアホだよなぁ

Twitterのタイムライン眺めていたら、そこそこ有名な(なのかな?)政治学者が韓国人観光客が減って喜んでいるツイート流れてきて、ホテルが空いて安くなることに喜んでいて、駅の韓国語表示もこの際なくそうって、こいつアホだなって思ってリプ欄見たら、賛同するリプがずらずらと並んでうへーーってなったので、このブログ記事で突っ込んでおこうと。

広告

リプ欄で一番多かったのが案内表示に関する内容で、これを機に街や駅の案内表示にハングルや中国語を撤廃しろってヤツなんだけど、そんなに外国語が併記してあるのが嫌なのかなと。

日本語が全く書いていなくて外国語だけだったらそりゃ嫌だけど、日本語に併記されているだけなんだから別に良いじゃんって思うわけで、一番謎が案内表示は日本語と英語だけで良いってリプでしたね。英語は良いんだ…。

たしかに、今は日本も韓国も一部の国民同士がいがみ合っているんだけど、文字にまで嫌悪感を抱くのってちょっと異常じゃないかなって思うわけです。

単なる文字ですよ。相手国の文字にも怨念を抱くのかね…。その感覚が僕には異常にしか思えないなぁ。

案内表示に韓国語や中国語が多いのは観光客が多いからで、これから確かに韓国の観光客は減っていくだろうけど、英語圏と中国語圏の次に多いのは変わりないと思いますよ。案内表示にハングルがあるのは極めて合理的なのです。

ちなみに、20年前にニュージーランドに新婚旅行に行った時は、レストランやお店のメニュー表示は母国語の英語の他に日本語が併記されていました。日本人の観光客が他の言語圏より多いからですね。それと一緒です。

しかし、先の政治学者のツイートには1.6万いいねが付いていて、ちょっとホント大丈夫かよって心配になりますねぇ…。

坊主憎けりゃ袈裟までってことわざ作ったやつ天才だな。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする